<< 音楽に導かれて!? | main | 記憶のドアを開けたら・・・!? >>
2011.12.09 Friday

『タイム・トラベル』で、あの頃へタイム・トラベル

0
    先日、夜中にパソコンで作業していた時の事。
    私の古い携帯電話から流れ始めるEARTHSHAKERの曲。
    着信時にEARTHSHAKERが流れるようにしている相手は、ただひとり。
    EARTHSHAKER・・・この日本のROCKバンドが好きな人物・・・、私のだ。
    常に多忙なIT関係技術者の弟からメールだなんて、珍しいな・・・。
    そう思いながら携帯を手に取りメールを開けて見ると、
    「知っているかもしれないけど」
    と前置きがあって、その後
    「主題歌がちょっと懐かしい」
    と、サイトアドレスが記載されていました。

    アドレスの文字の並びから察するに、どうもフジテレビのドラマのサイトのひとつみたい??
    ちょうど今パソコン使ってるし、と作業を一時中断して、そのアドレスへアクセスしてみる。
    画面に表示されたのはフジテレビのドラマ『僕とスターの99日』のサイトのTopics#6
    画面内の文字を読み進めてみる・・・。

    『僕とスターの99日』
    ああ・・・、主演の西島秀俊さんが新聞のインタビュー記事で
    「念願のラブコメ出演」と嬉しそうに語っていたドラマだな。
    で、その主題歌はスピッツ
    はて?・・・弟はスピッツ好きだったけかな??
    で、『タイム・トラベル

    私と弟がよく知っている『タイム・トラベル』という曲は、ひとつしかない。

    そう。
    私と弟が共通で好きなアーティスト・・・
    原田真二さんの、初期のヒット曲のひとつだ。

    WEBページ内をよく見ると、次のような記載がありました。
    今回の主題歌となる『タイム・トラベル』は78年に原田真二さんが歌い、大ヒットした曲のカバーとなります。
    私と弟は正反対と言っていいくらいに性格が違うのですが、音楽や映画やマンガ・アニメの好みは近くて、同時に同じものを好きになる事があります。

    原田真二さんは1977年に、、まだ10代後半という若さで、自ら作曲・編曲・楽器(キーボード、ギター、パーカッション)の演奏をし歌い、後の日本のロック・ポップス史に「トリプル・シングル・デビュー」と記される、驚異的なデビュー(※3つのデビューシングルがすべて大ヒット!)をされたかたで、その美しくも親しみやすいメロディーに、デビュー当時からずっとファン・・・というかたもいらっしゃいますが、私達きょうだいが原田さんの音楽に出会ったのは1980年代後半

    TVを見ていた弟が私に声をかけました。
    「この曲、すごくいいよ!」
    弟にとって「いい」音楽は、たいがい私にとっても「いい」というのは前述の通り。
    なので、弟といっしょにTVから流れてくる音楽に耳を澄ませました。
    初めて聴く曲ですが、聴いているうちに・・・曲が終わる前に、その曲が弟の言う通り「すごくいい!」というのがわかりました。
    その曲をきっかけに「原田真二」というアーティスト名を知り、その曲が収録されたCDはもとより他のアルバムも少しづつ集めてゆき、おぼろげに「あ、これ、聞いた事がある」曲・・・大ヒット曲『キャンディ』の作曲者であり歌手である事を知るに至ったのでした。

    私達が原田真二さんを知るきっかけになったTVから流れていた曲は、壮大な、スケール感のあるバラード・・・
    You Are My Energy
    です。

    私達きょうだいが、10代という感性の鋭い時期に、原田さんの音楽に巡り会えたのは、とても良い事だったのではないかな、と思っています。
    原田さんの音楽から受けた刺激(?)は、当時(今から20年前!)、将来の進路を美術方面へ定めた私と、コンピュータ関連の技術者方面へ定めた弟に、『NECパソコンアート大賞』へ応募する作品を創る力となりました。(←PC用サイト『絵馬堂〜EmmaDo〜』のえとせとら〜と22.参照)
    2年連続で応募し、両作品とも紙芝居のように(?)絵(画面)が切り替わってゆくのですが、そのBGMとして、原田さんの音楽をアレンジしたものを使わせていただきました(※応募時にその事は書類に明記し、その後、主催者と電話連絡で確認をしました)
    下の写真は、当時、私が原田さんの曲を耳コピーし、パソコン用にアレンジした楽譜です。(その下にあるのは私が今使ってるノートパソコンです。)
    PCアート大賞BGMの楽譜
    3つの音色で、少しでも、もとの曲の雰囲気が出るように、ない知恵しぼってアレンジしたんだったなぁ〜・・・。笑
    オレンジのマーカーのラインや五線のそとの小さな数字・記号などは、音符(音)を数値(?)に置き換えてパソコンに打ち込む・・・という作業をするにあたり、弟が書きこんだものです。
    ちなみにもとの曲は、『地球はこんなにやさしいハート〜GENTLE EARTH〜』という、地球賛歌のような、大変美しい曲ですキラキラ

    近年、原田さんの名前が、音楽とあまり関係ない事で(・・・まったく関係ないわけではないのですが汗)、女性週刊誌などの見出しに出たりしたのを見た時は、
    「この人は、この人の創る音楽でこそ注目され、話題になるべき人なのに・・・」
    と残念に思ったものでした。
    前述のように、作詞、作曲、編曲、楽器演奏、歌唱・・・と、ひとりでいろんなことができるかたなので、よく、「天才型アーティスト」と言われますが、いくら「天才」でも、ここまでいろいろな事を、どれもプロ・レベルでできるなんて事はないんじゃないのかな・・・と私は思います。きっと、とてつもない努力をされているんだと、その結果なんだと思っています。

    でも・・・
    努力だけではないのも確かだ、とも思っています。

    そう・・・
    この人の創る音楽は、本当に美しい・・・。
    このセンスはどんな努力をしても得られるものではなく、この人が持って生まれた天性のもの・・・。

    このたびのスピッツの『タイム・トラベル』のカバーで、原田さんの名を初めて知る人もいるかと思います。
    そういった人達が、かつての私達きょうだいのように、原田さんの音楽に興味を持ってくれて、ひとりでも多くの人が、その音楽を聴いてくれたらなぁ・・・
    と、いちファンとして願いつつ、原田さんの『タイム・トラベル』を聴いている今日このごろです♪
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    WEBサイト『絵馬堂』
    ※新規ウィンドウで表示
    カレンダー
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    最近の記事
    カテゴリー
    過去の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    リンク
    プロフィール
    ブログ内検索
    管理人より
    ご訪問ありがとうございます。
    当ブログを快適にご覧いただくために、迷惑系と思われる書き込み等、閲覧者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは、予告なく削除いたします。
    ご理解、ご了承下さいますよう、お願い申し上げます。
    <(_ _)>
    クリエイターさんのブログ
    カケルノート
    その他
    モバイル
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM