2012.07.23 Monday

7月3日にやって来て

0
    私の記憶違いでなければ(間違ってたらゴメンなさい)、ハリウッド・スターのトム・クルーズの主演映画で、『7月4日に生まれて』というのがあったような・・・。

    ふっ・・・(v)

    なら、ウチのトムの場合は
    『7月3日にやって来て』
    てとこかな・・・。(*´∀`)

    昨年亡くなったおじの家からわが家に、7月3日にやって来て、今年で22年!!

    ちなみにウチのトムは、人間ではなくオウム(詳しく言うとコキサカオウム)で、年齢不詳。
    目の色から判断すると、性別はオスのもよう。
    (※この種のオウムは雌雄の羽の色が同じですが、目が黒いのがオスで、赤褐色なのがメスだそうです。)

    以前このブログの『Take him to Heaven』という記事の中でお話ししましたが、トムはわが家に来て22年だけれども、その前、おじの家で6〜7年ほど(?)暮らし、さらにその前、おじの会社の同僚のかたのもとにおりました。
    おじの同僚のかたが何年トムを飼っていたのかわからないのですが、以前おじから聞いた話だと、おじの同僚さんがトムを飼うことになった時にはすでに、トムは成鳥の姿で、「トム」という名も、すでについていたのだとか・・・。

    ということから考えると、少なくともトムは30年くらいは生きているのは確実で、・・・コキサカオウムより少し小さいコバタンというオウムの寿命が30〜40年と、どこかで見聞きしたことがあるので、そこから考えると、トムはもう、かなりのオッサン・・・というかご長寿!?(ジイサン!?)ということになってしまう・・・Σ(゚д゚lll)!!

    ・・・全然そんなふうに思えないくらい元気なんだけれど・・・(^_^;)

    でも、この種・・・白色バタン系と呼ばれる白い羽のオウムは、知能が高いゆえに精神面も発達しており、繊細で、ストレスなどで、あっけなく、はかなく落鳥して(死んで)しまうこともあるそうで、また、生きながらえても、必ず一度は毛引き(ストレスから自身の羽を引き抜く)を経験すると言われています。

    にもかかわらず、トムは、心身ともに、そうとうズブトイ・・・失礼、丈夫なのか、おじの家でも、わが家でも、毛引きをしたことがなく、元気に生きてきておりますので、今年の『7月3日にやって来て』記念日には、ちょっとフンパツして(?)、好物のをご用意しました(※7月3日ごろは、まだ近所のスーパーでは、桃は出始めたばかりで、安くはなかったのです。)

    ・・・というわけで、カゴごしに桃を見せてみた。↓
    桃とトム
    今にも食いつかんばかりの勢いで寄ってきましたが、丸ごと全部はあげませんよ!
    いっぺんに、そんなに食べれないでしょーが・・・。(^_^;)
    桃を食べるトム
    手(足)にもてるサイズにお切りして差し上げました(*^-^*)
    「おいしいよ♪」
    という感じで、今年の記念日イベント(?)は無事終了〜(^−^)V
    また来年も元気に、記念日イベントをさせてねっドキドキ
    キラキラCMキラキラ
    インターネット上で1点物の手描き原画やポストカードの販売をしています☆詳しくはHP(※PC用)絵馬堂』の「作品販売のご案内」をご覧下さいませ♪
    2011.05.16 Monday

    Take him to Heaven

    0
      前回も話題にしましたチャリティー展覧会の参加申し込みや、準備をしていた頃、親戚で不幸がありました。
      亡くなったのは私の母方の伯父で、今我が家で飼っているオウム(過去の記事『「初めまして」と「18年」』を参照)の、前の飼い主です。

      伯父は若い頃、偶然乗ったタクシーの運転手さんが、肩にオウム(伯父の話から推察すると、キエリボウシインコかアオボウシインコ)を乗せているのを見て、それ以来、いつかオウムを飼いたい・・・と夢見ていたのだとか。
      その事を会社でもおしゃべりしていたようで、今から30年近く前のある日、同じ会社で働いている人から、
      「ウチで飼っているオウムを引き取ってくれないか?」
      と声をかけられ、伯父は喜んで、そのオウムを譲り受けたのでした。

      伯父の家にやってきたオウムは、昔、タクシーの運転手の肩に乗っていたような緑色のオウムではなかったけれど、そのオウムにはなかったオレンジ色がかった鮮やかな黄色の冠羽があり、同じ色を薄めたほっぺと、身体全体をおおう白い羽と対照的な、真っ黒のまあるい目が魅力的で、伯父はとても可愛がっていました。

      しかし、今から約21年前、おば(伯父の奥様)が命にかかわる大病を患い、
      「ペットはダメ。」
      とお医者様から言われ、伯父はしかたなく、過去に何羽かインコを飼っていた事のある我が家に、愛鳥を預けたのです。

      結局、伯父は、再び愛鳥と暮らすことができませんでした・・・。
      最後に我が家に来て、かつての愛鳥に会ったのも、だいぶ(何年か)前です。

      だからと言って、最期のお別れの場に鳥を連れて行くわけにもいかないので、羽を数枚持って行きました。
      出棺の直前、その羽を、たくさんの花とともに棺に入れました。

      ・・・いちおう申し上げておきますと、羽は鳥からむしりとったものではありません。
      生え換わりで自然に抜け落ちたもので色・かたちが良いものを、形が崩れないようにさっと洗って、防虫効果があるというラベンダーを底に敷き詰めたパスタ保存容器に入れてとっておいたものです。
      飼い鳥の羽コレクション
      鳥好きな(鳥を飼っている)人がよくやる羽の収集です。

      もうすぐ四十九日です。
      天使の羽のような白いオウムの羽が、伯父を天国へ導いてくれることを祈りつつ、その羽の持ち主(鳥)を、伯父に代わって、最後まできちんと面倒見ないとね・・・と、しみじみ思っているところです。
      WEBサイト『絵馬堂』
      ※新規ウィンドウで表示
      カレンダー
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      最近の記事
      カテゴリー
      過去の記事
      最近のコメント
      最近のトラックバック
      リンク
      プロフィール
      ブログ内検索
      管理人より
      ご訪問ありがとうございます。
      当ブログを快適にご覧いただくために、迷惑系と思われる書き込み等、閲覧者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは、予告なく削除いたします。
      ご理解、ご了承下さいますよう、お願い申し上げます。
      <(_ _)>
      クリエイターさんのブログ
      カケルノート
      その他
      モバイル
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM