2016.02.22 Monday

「紫のバラのひと」ではないけれど…

0
    ……まったくねぇ〜〜〜ε=(・ε・`*)
    いつになったら50巻、発売になるんでしょうねぇ〜〜〜!??
    ガラスの仮面」は。
    美内すずえ先生には、少女マンガ誌・マーガレット50周年記念で、40年ぶりに「ベルサイユのばら」各キャラクターの本編外のエピソードを新規に描き下ろして、それらを収録したコミックスを一昨年、昨年と順調に世に出した、池田理代子先生を見習っていただきたいものですよね!?
    そんなふうに思ったの私だけでしょうか??

    ……て、マンガの話から始まってしまいましたが、今回はマンガの話をするわけではなく、前回に引き続き(?)、不思議なお話です。
    …怖い話ではないです。(*´∀`*)

    という色は、もともと好きな色のひとつなのですが、どうやら私にとって縁のある色のようで、そう思うようになってから、自然と紫色のものに目が向くようになり、今では、私の周りのいろいろなもの…服など身につけるものから、カーテンなどの部屋の中のものまで、紫色が多くなっています。
    「縁がある色なのかな?」と思い始めたのは、偶然?が重なった結果ですが、たとえば、おまけ(小さなお守りなど)付きのおみくじをひくと、中に入っているおまけに紫色が使われていたり…です。
    ↓の画像は天然石(いわゆるパワーストーン!?)が中に入っているおみくじなのですが、見ての通り、紫色の水晶が入っていました。
    おみくじのおまけ
    中身が見えて選んだのではありません。
    何が入っているか、わからない状態でひいて、開けてみたらコレ…です。
    しかも、2回連続で……。Σ(゚д゚ノ;)ノ

    …で、私は12月生まれの射手座なのですが、射手座の幸運の石は水晶なのだそうです。
    Σ(*゚д゚*)
    そして12月の誕生石は、水色のトルコ石と青のラピス・ラズリが良く知られていると思いますが、青色のタンザナイトもそうなんです。(*゚Д゚*)

    以前このブログや自サイトでも、イギリス出身のロック・バンドDEEP PURPLEが好きだとお話しましたが、バンド名が「PURPLE」()だから好きになったのではなく、たまたまTVから流れてきた歌が気に入って、
    「これ誰の歌だろう?」
    と調べたところ、DEEP PURPLEだった……というわけで、まったくの偶然です。

    そして、私にとって極めつけの…というか、すごく印象に残っている出来事は、以前このブログでも触れましたが、20歳代の頃、個別指導学習塾の講師をしていた時のことです……。

    ある日、新しく入ってきた小学生の女の子を担当する事になって、その最初の授業の日……。
    現れた彼女を見て、
    「こんなのってアリ!?」
    と、一瞬絶句してしまいしました……
    なぜなら彼女は……
    紫の女の子!
    ↑の画像の通り、尽くしだったからです。

    いや〜〜〜、こんな事って、あるんですね………(゚Д゚;)

    そんなこんなの連続で、今では、自ら意識して紫のものを手にとっていますが、相変わらずの偶然で、紫のものが自分のもとにやってきたりもしています。

    …でも、特に何か「良い事」が起きたりはしていません……。
    縁のある色』でも、『幸運の色』というわけではないんでしょうね……(*´∀`*;)ゞ
    2015.12.02 Wednesday

    80%のプロメテウス(※ただし、条件付き)

    0
      今回の記事のタイトルは「」な感じだと思いますが、『プロメテウス』という言葉なら、意味は知らなくても聞いたことがある…というかたは、いらっしゃるんじゃないかと思います。

      プロメテウス』というのは、私が子供の頃から好きな、ギリシア神話に出てくる神様の一人で、

      プロ先に
      メテウス考える

      という意味だそうです。

      ちなみに、彼(プロメテウス)の弟の名前は『エピメテウス』と言い、

      エピ後で
      メテウス考える

      という意味だそうです。

      よく本を読んでいると、その最初と最後の部分に、『プロローグ』『エピローグ』という言葉が出てくる事がありますが、前述の名前の意味を知った時、なるほど、『プロ』『エピ』には、そういう意味があるのね〜、と納得した覚えがあります。

      プロメテウスはその名が示す通り、あらかじめ考えるひと(神)です。なので予言ができます。
      「予言」というより「予測」…でしょうかね。
      現在の状況からいろいろ考えて、その結果、将来、何が起きるかがわかる…という事なのだろうと思います。

      前回の記事の中で、ちょこっと、の「予言」について書きました。
      このテの私の『予言』は、当たる確率が高いというヤツです。

      このテの予言」というのは、私の、これから起こる、あまり良くない事を言い当てる能力で、自分にはそういう能力があるのではないか!?と意識し始めてから、だんだん当たる確率が上がってきていて、最近80%ちょいくらいになりました。
      ……全然うれしくないですけどね。良くない未来の予言が、八割超の確率で現実になったって。(-_-;)
      ちなみに、良い事はまったく当たりません。(*T∇T*)

      私は、神や悪魔や、死後の世界や、妖精や妖怪や霊や、超能力などの、現在の科学で証明できないものは、物語や絵の題材としてはとても好きですけど、基本的には信じていません。
      でも、否定もしません。
      現在のところ、人間の脳は、まだ多くの部分が使用されていない、とか、謎、とか聞きます。
      もしも、そういった部分を解明できれば、現在では証明できない事柄も、証明できるかも知れません。
      なので、今のところ、存在を証明できないものについては、頭から信じることはないけれど、本当にある(いる)のかもしれないな、という気持ちでいます。

      ・・・で、私の、良くない未来の予言の力。
      科学的に証明ができない事柄ですが、なのに、なぜ、自分にはそういう能力があるのではないか!?と思ったのかと言うと、母方の血筋に、似たような力…というのか感性?というのか…そういう人がいるからです。

      まず、私に一番近い能力(?)を持っていたのが、私が生まれる前に亡くなっている、母方の祖父です。
      母が姉(私の伯母)から聞いた話によると、祖父は伯母と母がまだ独身だった頃、二人の結婚相手の男性の職業、結婚後の生活についての予言をしたそうです。
      職業や結婚後の生活と言っても、いつ、どこで、何が起きる、とか、そういった詳しい(細かい)予言ではなく、たとえば、どんな会社かはわからないけど「会社勤め」、何が専門かはわからないけど「職人」とか、そんな感じの、大雑把なものなのですが、その後、その予言は現実のものとなりました
      そして、祖父自身の最期の時と、その時の家族の様子の予言……。
      これも具体的な内容の予言ではなく、
      「俺が死ぬ時は、家族は誰も気がつかない。」
      という、おおまかなものだったのですが、母によると、その通りになってしまったそうです。
      家族が危篤状態の祖父のもとに集まっていたというのに、最期のその瞬間を誰も知らない……。
      気がついたら亡くなっていたのだそうです。

      私の予言も、祖父のような、おおまかな感じです。
      だから祖父もそうだったのではないかと思うのですが、予言は、ある日、ふと頭に浮かびます。
      SF小説の中の超能力者みたいに、精神を集中させれば予知できる…とかではないです。
      もし、そんなふうに予知できたとしても、私はしませんけどね。
      たとえ大雑把でも、悪い未来なんて知りたくないですもん(苦笑)。

      母の知る限りでは、母方の親戚にはもう一人、予言をする人がいたそうです。
      遠い親戚だそうですが、その人の予言はかなり具体的で、しかも的中率は、ほぼ100%!だったそうです。
      ……良い未来の予言なら100%当たるのは嬉しいかもしれないけど、悪い未来の予言だったら……と思うと、ほぼ100%の的中率って…………ふぇええっ!コワッ!!(oдolll)
      怖すぎるっ!!
      絶対そんな能力欲しくない・・・!(((ll゚Д゚ll)))

      そして、「予言」の力ではありませんが、先ほど登場した母の姉…私の伯母ですが、
      いわゆる「霊感」!?の持ち主のようです……。
      はっきりと幽霊とかが見えるわけではありません。
      ただ、母や私や、…おそらく多くの人が何も感じない場所で、突然、
      「あ。そこ、ダメ。私、行けない。」
      とか、寒気がする…とか言って、「その場所」に近づこうとしないのです。
      …で、だいたい、その「場所」は、昔、誰かが亡くなったところだったり、という「霊」的な!?場所みたいです。

      最近…ですが、私自身の残されている寿命と死因…が、ふと、頭に浮かびました。
      寿命と言っても、だいたいの年数で、死因も具体的な病名とかではなく、(死ぬ原因になる)体のダメになる部分がわかった……という感じですが。
      年月とともに上がってきている予言の当たる確率は、現在約80%。
      逆に言えば、当たらない確率が約20%ですけど、当然の事ながら、確率の高い方で覚悟をしておかなければならないでしょうね……。
      人間も、他の生きものも、生きているものは皆、必ず死を迎えます。
      ただ、それが、早いか、遅いか、です。
      多くの人は「平均寿命」を目安にし、だいたいそれくらいは生きられるだろうと予想して、人生設計と言いますか、いろいろ予定や計画をして、日々生活しているのだろうと思います。
      でも、その予想よりも早く死が訪れるなら、なるべく周りの人に迷惑をかけないで…まったく迷惑をかけないというのは不可能なので、でも、できるだけ、やりたい事をやってから死のうと思います。
      プロメテウス
      2013.07.14 Sunday

      沖縄弾丸ツアー同行記【4日目(最終日)】

      0
        途中、姉妹サイトの更新情報をはさんで書きつづってきました「沖縄弾丸ツアー同行記」。
        いよいよ・・・というか、ようやく?、今回で最終日の4日目です
        (^_^;)
        ・・・気づいてみれば、もう7月・・・。
        夏の猛暑で全国的に有名(!?)な埼玉県は・・・埼玉でなくても、他の地域でも、ですが、梅雨明けそうそう猛暑日とゆ〜過酷な夏の始まりで、エアコンがろくにきかないバイト先で、ときに男性スタッフなみの力仕事をせねばならない私は、すでにバテぎみでございますっ・・・
        (_ _|||)

        ああっ・・・、この「沖縄弾丸ツアー同行記」のころの、冬(2月)の寒さが懐かしい・・・。
        あ、沖縄は(埼玉の冬にくらべれば)そんな寒くはなかったですけどね。
        ではっ、そのころの記憶をたどりつつ、4日目の様子へGO!

        3日目と同様に、朝ゆっくりでホテルで朝食。
        ツアー中ずっと、くもり時々雨・・・なかんじのお天気だったのですが、なぜか!?この日の朝だけ晴れました(〃゚∇゚〃)
        ・・・というわけで、昨日よりはきれいな色の海の写真が撮れるのではないかと、ひとりホテルの前のビーチへ。
        で、ヤドカリさん発見
        ヤドカリくん、お休み中zzz
        前日に弟の奥さんに教わった通りに、ふう〜っと息を吹きかけてみたら、ピクッと動いたんですが、起きて歩く気にはならなかったようで・・・(^_^;)
        でも、水族館とかじゃなくて、自分の足もとでヤドカリを生で見るの、初めてだな。
        しかも、こんな青い色の・・・。

        この日の午後の便で帰京しますので、ホテルを出た後、那覇空港に近い国際通り方面へ。
        いろんなお店が並ぶ商店街をぶらつき、第一牧志公設市場そばの沖縄料理のお店で昼食。
        沖縄で最後のごはん・・・というココで、ようやく(?)母が、
        「本場のゴーヤーチャンプルーを!」
        と注文。
        私は、・・・名前を忘れてしまったんですが(汗)、メニューに見慣れないカタカナの料理名があったので、弟の奥さんに訊いてみたところ、チヂミみたいなかんじのものだということなので、ソレを注文。
        食後にはデザートに「ぜんざい」をいただきました
        ぜんざい」・・・というと、埼玉県生まれ&在住の私がパッと思い浮かべるのは、あったかい和スウィーツですが、沖縄で「ぜんざい」というと、かき氷に黒糖シロップがかかっている、ひんやりスウィーツ!
        (*゚д゚*)
        同じ名前でも、ところ変われば・・・ですね〜〜〜(*^〜^*)

        その後、弟夫婦が茶碗を買いたいとのことで、「やちむん通り」へ。
        やちむん」というのは沖縄の焼物のことで、いろいろな焼物屋さんが通りの両側に並んでいて、それぞれ絵柄などお店(作家さん)によって違うので、茶碗のほかお皿やティーカップなど、ちょっと個性的なものを使いたいな・・・というかたには、選ぶのも楽しいお立ち寄りポイントではないでしょうか?d(・∀・*)

        そんなこんなで(?)けっこー帰りの飛行機の時間が間近になってしまいましたので、急いで空港へε=ε=ε=┌(;・_・)┘
        離陸時は雨。
        沖縄を発って、飛行状態が安定した頃だったと思いますが、機長さんがあいさつの中で、
        「東京は現在くもりで気温7度
        と言っていたのですが、家に帰って自分の部屋の温度計をみたら・・・
        部屋の温度が7度でした・・・(^_^;)
        沖縄のおみやげ
        2013.06.17 Monday

        沖縄弾丸ツアー同行記【3日目】

        0
          前回、前々回と、姉妹サイトの更新情報をお送りしたため、一時中断しました「沖縄弾丸ツアー同行記」。
          やっと(?)再開の今回は、3日目のもようです☆彡

          3日目にしてようやく??、朝ゆっくりでホテルで朝食。
          ・・・さすがは弾丸ツアーでございますっ(´ー`A;)
          食べ物の好き嫌いがほとんどない私にとっては、「何食べようかな♪」と迷うのも楽しい(?)バイキングで、和洋どちらの主食(ごはん・パン)もあり、おかずもいろいろありましたが、その中でひとつだけ見慣れないものが・・・。
          名前を忘れてしまったのですが、確かカタカナで4文字で、「」と「」が入っていたような・・・(^_^;)ゞ
          何かのなのですが、片面がふつうに緑色反対面は濃い紫色
          沖縄ならではの食べ物かどうかもよくわかりませんが、とりあえずサラダといっしょに食べてみました。
          特に、好き嫌いが分かれるような個性的な味ではなかったです。
          食べ物に好き嫌いがある母は食べませんでしたが・・・。

          朝食後は、ホテルの前の海岸を散歩。
          ・・・やっぱりね、沖縄に来たんだから、海の写真を撮らないと!
          というわけで、ヘタクソなくせに、
          「クールベの波の絵みたいな写真を撮りたい。」
          なんて、身のほど知らずな考えでカメラを構える事、数分・・・。
          で、撮れました。こんなのが・・・。
          3日目の朝の海
          ・・・私にしては、だいぶがんばりました。
          おかげで電池が切れたけどf(^_^;)
          これで天気が晴れてたら、海の色がきれいで、もうちょっとマシに見えたかも・・・!?

          泊まったところは、建物のすぐ前が砂浜で、全室が海をながめられるリゾートホテルキラキラ
          夜、就寝前に耳を澄ませば、波の音が聞こえる・・・という、海のない埼玉県ではできない経験をさせてもらいました。
          その後、世界遺産のひとつの勝連(かつれん)城へ。
          朝から天気はくもりだったのですが、城の石垣部分(?)を登っていたら、半分ほどきたところでが降り出してしまい、あわててもと来た道を戻り、車の中へ。
          ・・・そうそう来れる場所ではないので、小雨程度だったらがんばって、城のてっぺんまで行きたかったのですが、下りてきて正解・・・。
          我々が車中に飛び込むやいなや、外はドシャ降りの雨にっ!!Σ(゚д゚;)
          「さて、これからどうする?」
          と雨の勢いが衰えるのを期待しながら、車中で相談。
          いちおう予定通りに海中道路へ・・・。

          海中道路』という名前だから、私は、トンネルが海の下を通ってるのかな?なんて思ってたんですが、実際はそうじゃなくて、左右両側を海にはさまれた道路でした(※橋ではないです)。
          道路の終わるところ(島)に、天然酵母と「ぬちま−す」(※沖縄の塩)を使ってパンを作っているお店がありまして、そこでパンを買って、道路を引き返し、途中にある「道の駅」・・・にあたる「海の駅」に駐車して、車内で昼食パン
          ・・・この日は、雨が突然すごい勢いでダバーーーッと降ってきて、ちょうどパン屋さんで買い物し終えたあと、そんなふうになりまして、海をながめながらランチ音符・・・とはいかなかったのです・・・(o´_`o)

          海の駅」には、その場で揚げたての天ぷらを売っているお店がありまして、弟の奥さんによると、
          「沖縄の天ぷらは衣がフリッターみたいなかんじで、衣に味がついているので、お醤油や塩をつけなくても、そのまま食べれる」
          とのこと。

          おおーっ、なるほど〜〜〜。
          では、せっかくですから、関東ではあまりみかけない具材の天ぷらを・・・ということで、もずくの天ぷらをゲット
          ソレを先ほどパン屋さんで買った、これまたあまり見かけない、もずくのパンにはさんで、もずくづくし完成〜〜〜(*^▽^*)
          うん、たしかに天ぷら、なんにもつけなくても、おいしくいただけますねぇ〜〜〜(*^_^*)

          沖縄に滞在中、何度かコンビニに寄ったのですが、「おおっ!さすが沖縄!」と思ったのは、島とうがらし・・・でしたっけ?泡盛に唐辛子をつけてある調味料というか香辛料!?・・・が売っていたこと。
          ウチ(埼玉県)の近所のコンビニでは置いてあるの見たことないよなぁ〜・・・。
          それと、スパム(豚肉のソーセージみたいなのが缶詰にされているもの)と卵焼きがサンドされている、おにぎり!!
          沖縄限定!?コンビニおにぎり
          コレ、ワタシ的に、マジうまですっ!!!O(≧▽≦)O
          ぜひともっ!!!ウチの近所のコンビニでも、ほかのおにぎり同様、常時、販売して下さいっ!!!
          ・・・ってゆーか、全国展開でもイケると思うんで、
          ぜ・ひっ!!!!!
          お願いしますっ!!!コンビニの企画開発のかたっ(≧人≦)
          2013.04.29 Monday

          沖縄弾丸ツアー同行記【2日目】

          0
            世の中ゴールデン☆ウィークが始まっておりますが、皆様はどこかに出かけましたか〜〜〜??
            私はというと、先日の足のケガがまだ治らず、
            「これじゃあ、全治1ヶ月になっちゃうじゃ〜〜んっ!?(T△T)」
            な有様ですっ・・・(^_^;)

            さてっ、タイトルの通りですが、前回に続きまして、沖縄ツアーの2日目の様子を書きつづっていきます(*・∀・*)ゞ

            1日目もそうでしたが、この日も早朝、朝食をとらずにホテルを出発。
            途中で姪っ子ちゃんのいとこにあたる小学生の女の子(弟の奥さんの姉妹の子)を乗せ、北部にある『美ら(ちゅら)海水族館』へ。

            さっすが、有名な水族館!
            朝早く出たはずなのに、着いた時には、もう、けっこうな人出です
            (*゚Д゚*)
            順路に従い、海の仲間たちを見つつも、やっぱり1番気になるのは、
            最大の魚・ジンベエザメ

            その巨大っぷりを、生で、目の前に見れるのね〜

            と、楽しみにしつつ、たどり着いた大水槽。

            ・・・デカっ!!!Σ(゚д゚;)

            体全体を写真に収めるなんて、まず無理でしょ!?
            だからではないですが、写真は撮っておりません。
            ・・・手ぶれ補正機能つきのオートフォーカスのカメラで、静物を撮るのに手ぶれする、この私が、やや暗い館内で動く生きものを、まともに撮影できるわけないのですっ(-_-;)

            偶然にもラッキーなことに、我々が大水槽前に着いたころ、ちょうどジンベエザメのごはんの時間になって、ジンベエザメのお食事風景が見れました

            大水槽のてっぺん・・・水面に投げ入れられる、小さなエサ。
            その小さなエサめがけて、体を垂直立ちのようにして、その大きな口で、エサの周りの水ごと吸い込む!
            ジンベエザメのお食事☆

            ・・・水洗トイレ(洋式)が流れるのを水の中から見たら、こんな感じなのかしらん?

            と、変な想像をしたのは、まあ、私だけでしょうね(^_^;)

            ジンベエザメのお食事後、我々も、ちょっと遅い朝食。
            大水槽に面してcafeがあるのですよ♪♪

            ジンベエザメと、これまたデカい!マンタが泳ぐ姿をながめながら、のんびり食事をしてたら、屋外で行われるイルカショーの時間が近づいてきてしまいました。

            オキちゃん劇場」という名のショー会場の名前のもとになった、水族館のアイドルイルカ・オキちゃんと、仲間のイルカたちが様々な芸をみせてくれるショーは、弟の奥様が小さな頃からあったそうで、なので、今のオキちゃんは何代目かなのだろう(初代ではないだろう)・・・という話でした。
            ショーの中で、イルカのトレーナーさんも、
            「よく、今のオキちゃんは何代目ですか?と訊かれる」
            と言って、その質問に答えてくれました。

            実は、今のオキちゃんは・・・・・・

            初代

            なのだそうです!

            つまり、水族館のある海洋博公園が開園した頃の、約35年前から続いているイルカショーに出演し続けている、大ベテラン・・・ということなんですね〜〜〜。

            イルカの寿命がどれくらいなのか知りませんが、ほかの若い(?)イルカたちとまったく変わらないジャンプや芸をみせてくれました

            その後、名護にあるナゴパイナップルパークへ。

            その名の通り、パイナップル畑があって、生のパイナップルが食べれたり、パイナップルを使ってできた、いろいろな食品・・・おみやげにピッタリの、パイン果肉入りカステラとか、パイナップルからできたワインとか・・・がありました。

            それと、どーゆー関係?なのかわかりませんが(もしかしたら、どこかに説明が書いてあったのかもしれませんが)、貝殻が展示されているスペースがありまして、けっこうな数・種類が展示されていて、ちょっとした貝殻博物館みたいなかんじ。
            海が好きな人とか、海へ行くと貝殻集めをするのが好きなかたなんかは、一見の価値はあるのではないかと思います(*・∀-)b

            この日、最後に立ち寄ったのは、万座毛(まんざもう)。
            沖縄の絶景ポイントのひとつとして有名なところですが、あいにく、この日の天気は、時々小雨が降る曇り空なので、旅行ガイド本なんかに載ってるような、青く美しい海と空を従えた断崖絶壁・・・とはいかなかったのが、ちょっと残念です(^_^;)ゞ
            くもり空の万座毛(まんざもう)
            2013.04.10 Wednesday

            沖縄弾丸ツアー同行記【1日目】

            0
              先日の爆弾低気圧(でしたっけ?)の雨風の中、自転車でバイトから帰宅中に転倒!
              不幸中の幸いで、骨折は免れたものの、お医者様に「傷跡は残る」と言われるような、軽くはないケガを負ってしまいました・・・(T△T)
              みなさまもお気をつけ下さいませ・・・。

              さて、前回の記事で触れましたように、2月7日に自サイト『絵馬堂』をリニューアルしたすぐあと・・・2月8日〜2月12日の間、弟家族の(弟の奥さんの実家への)帰省旅行・・・沖縄弾丸ツアーに同行してまいりました(*^-^*)ゞ
              今回は、その1日目の模様を記録していきたいと思います。

              まず、東京都内在住の弟家族と羽田空港で待ち合わせ(※同行する私&母は埼玉県在住)。
              弟達も私達も早朝に家を出たので、機内で、持ってきたパンなどを食べて朝食としました。
              偶然なんですが、乗った飛行機は機体にポケモンが描かれてまして、姪っ子ちゃんは大喜び
              那覇空港に着いたら、ケータイやデジカメで私達が乗ってきたポケモン機を撮影している人がけっこーいたので、
              もしかして(ポケモン機に乗れた事って)すごいラッキーなのかな??
              めったに飛行機なんて乗らないから、よくわかんないけど・・・f(^_^;)

              泊まるホテルは沖縄本島中部の読谷村(よみたんそん)なので、そちらへ行く前に南部の有名どころを見て回る・・・ということで、「ひめゆりの塔」へ。(※最も有名どころであろう首里城は、以前、弟夫婦の結婚式出席のために沖縄に行った際見ているので、今回は省略しました。)

              戦時中、負傷した兵士と、彼らを手当てするために動員された、ひめゆり学徒達が使ったという地下壕(洞窟)(※現在、中に入る事はできず、出入口が見れるだけ)の後ろには、壕内部の実物大ジオラマや、当時の資料などが展示されている祈念資料館がありまして、米軍兵士が撮影したという、・・・とてもテレビには流せないであろう悲惨な白黒映像が映されていたりして、そういった恐ろしい光景を実際に目の当たりにすることのない、平和になった後の日本に生まれてきたのは、幸せなことなんだな・・・と、しみじみ思いました。

              その後、平和祈念公園へ。
              広い公園の中の、海がよく見えるところにずらりと並んでいる、海の波を連想させるような形の石碑・・・。
              そのすべてに戦没者氏名が刻みこまれています。
              古い順に、海に近い側から公園の内部に向かって並んでいるようで、最も内側の石碑に刻まれている氏名は、昨年刻み込まれたもの・・・。
              戦争が終わってから65年以上もたつのに、いまだに新たに石碑が立ち、氏名が刻み込まれる・・・。
              犠牲者がいかに多かったか、思い知らせれます・・・。
              戦争は終わっているけど、終わっていない。
              変な言い方ですが、なんだかそんな気がしました。

              「ひめゆりの塔」も、平和祈念公園でも、私は写真を撮っていません。
              デジカメを持っていましたが、・・・別に霊感があるわけではないし、撮影している人もいましたけど、私は撮る気にはなれませんでした。
              でも、
              写真ないんじゃ、行ったっていう証拠がないじゃん。ホントに行ったの〜?
              って思われるかもしれないから、証拠写真
              ひめゆり祈念館パンフレット
              祈念館内でもらったパンフレットにスタンプ押したものです(^−^)V

              さて、今回の沖縄ツアーでの、私の一番の目的(!?)は、本場の、沖縄ならではの食材・料理をいろいろ食べること!☆彡
              ・・・てなわけで、昼食では
              「まずコレ食べとかないと!」
              沖縄(ソーキ)そばをいただきました(*^_^*)V
              もひとつね・・・、「タコライス」というのも気になって、
              どっちにしようかな〜〜〜??
              って迷っていたら、母がソレを注文しましたんで、少しわけてもらいました(*´∀`*)ゞ
              料理が運ばれてくるまで、
              「タコライスって、タコ焼きのタコみたいな、ぶつ切りのタコが、ごはんの上にのってたり、まぜごはんみたいになってたりするのかな〜〜?」
              と想像してたんですが、
              ・・・違いましたf(^_^;)
              弟の奥さんの説明によると、米軍がもたらしたアメリカ文化の影響でできたメニューで、スパイシーなタコスの具材をごはんの上にのっけて、混ぜながら食べる・・・というものでした。
              たこライス☆
              夕食は元祖・紅いもタルトで有名な、御菓子御殿の読谷本店併設の沖縄料理のお店で、オリジナルメニューのひとつ、紅イモそばを注文。
              ピンク色のそばは、ふつうのそばよりツルンとした独特の食感。そして、そばの上には海ぶどうが・・・!

              おお〜〜〜っ!コレが海ぶどうかぁ〜〜〜。
              実物見るの、初めてだな〜〜〜♪

              どちらも、おいしくいただきました(*^_^*)

              今回のツアーは弟の奥さんの実家への帰省旅行でもあるので、沖縄滞在中は母ともども、ご実家のほうへチョコチョコ寄らせていただきました。
              旧正月でお忙しいところ、いろいろとありがとうございました<(_ _)>
              2012.05.17 Thursday

              『現実』は小説より奇なり

              0
                事実は小説より奇なり

                いろいろな事件が起こったりする『小説』の世界。
                だけど、『現実』の世界のほうがもっと、『小説』よりもビックリするようなことが起きたりする・・・

                そういう意味の言葉だろうな、と思っていましたが、しばらく(?)ブログの更新をしていなかった間に、本当に、そう実感する出来事が目の前で起きていました・・・。(・_・;)

                私は売れない絵描きですから、バイトやらパートやらをしているわけですが、今から少し前、偶然が重なって、幸運にも(!?)、昨年、病気療養のために辞めざるをえなかったバイト先に復帰させてもらえました。(*^_^*)ーЭ
                ブランクがあるにも関わらず、以前働いていた時よりも大事な仕事を任され、それだけ信頼してもらえているというのは、ありがたい事なのですが、復帰初日から、続けざまに、小説やTVドラマでしか見聞きした事がないような言葉や場面を目の当たりにする・・・という、なんとも波乱万丈な(!?)日々を送ることとなりました・・・。(´ー`A;)
                『事件』の現場より
                最近ようやく落ち着きましたが、穏やかな状態になった今、それらの出来事たちを振り返っても、・・・『現場』に居合わせた瞬間もそうでしたが、一瞬、ゾッとします・・・。(_ _|||)
                小説やTVドラマの中ではよく(?)起きている『出来事』の、本当の(現実の世界での)現場に居合わせる・・・なんてことは、一生に一度あるかどうかで、そういう意味では貴重な体験(??)だったのかもしれませんが、・・・なんだか怖かった・・・というのが、正直な気持ちです。(-_-;)

                持病のある体をかばいながらだけど、いちおう(?)『ふつう』に生きていられるのは、きっと、運が良いほうなんだろうな・・・

                ふと、そんなふうに思った、ここ数日なのでした。

                キラキラCMキラキラ
                インターネット上で1点物の手描き原画やポストカードの販売をしています☆詳しくはHP(※PC用)絵馬堂』の「作品販売のご案内」をご覧下さいませ♪
                2011.03.21 Monday

                11日から現在までの、個人的な記録

                0
                  少しお久しぶりです。
                  11日に起きた震災まで、HP『絵馬堂』や、このブログの更新が滞りましたのは、前回の記事でお話ししております、新たな(?)創作スタイルの模索や試行錯誤のためなのですが、その事に関してのお話は、また後日ということで、今回は、地震が起きてから今日までの、身の回りの状況を記録したいと思います。

                  11日の午後、私の住んでいる埼玉県でも、これまでにない大きな揺れが起きました。
                  私はその時、両親とともに家におりました。
                  バイトが早上がりで、ちょうど昼食を食べ終わり、母とおしゃべりをしていた時でした。

                  「・・・こんなの(強い地震)、(生まれて)初めて・・・。家が壊れる・・・・・・。」
                  「お母さん、危ないからテーブルの下に頭入れて!」

                  あまりの揺れに私の言葉も耳に入らないのか、テーブルに手をつき、天井のほうをじっと見たまま立ち尽くす母の腕をひっぱて、テーブルの下に頭を入れさせ、いくらか揺れが弱くなるまで、自身もそうしていました。
                  私の住んでいる地域は間もなく停電し、テレビも電話も使えませんから、震度がどれくらいか、震源はどこか、まだ揺れは続くのか、・・・もっと大きな揺れがくるのかそうでないのか、ほかの地方はどうのなのか、・・・首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に住む親戚たちは無事なのか・・・。
                  そういった情報を得る事ができず、とりあえず、別の部屋にいた父と相談し、3人まとまってひとつの部屋にいる事にしました。

                  父が普段寝る前に聴くのに使っている、イヤホンでしか聴けない小さなラジオが唯一の情報源。
                  ふと、父が、電池でも動かせる小さなラジカセをまだ捨てずに取って置いた事を思い出し、停電のまま日が暮れて暗くなった家の中を、懐中電灯を手に探しに行きました。
                  その間、イヤホンでラジオを聴いていた母が、時々「えっ!?」「うわあ・・・。」という声をあげながら、ラジオが聴けない私にもたらす情報は、とても信じ難いものばかりでした・・・。

                  「約7mの津波が」「約10mの津波が」「町が壊滅」

                  ・・・10mの津波!??
                  「壊滅」って、なんだ!??

                  ・・・その後、その恐ろしい様子をテレビで観ることになりますが、その時は、その状況を想像することもできませんでした・・・。

                  やがてラジカセをみつけた父が部屋に戻ってきて、3人でそのラジカセで、ラジオを聴く事にしました。
                  ずっと停電したままでしたが、ガスと水道は使えましたので、懐中電灯を手にお湯を沸かし、ロウソクの火を明りに、カップめんを夕食として食べました。

                  家の暖房器具はエアコンだけで、灯油ストーブのような、電気なしで使えるものはないので、外出時に着るコートや家にあるブランケットの類を総動員して暖をとりながら、携帯電話で、弟や親戚の携帯電話に電話をかけようと試みますが、『圏外』になったり、そうでなくても繋がらなかったりで、自分たち以外が無事なのか、全くわからず不安でした。
                  都内の海に近い場所のビルで働いてる弟は大丈夫だろうか!?
                  都心近くの家にいるであろう、その妻子は・・・!?
                  こちらと同じように停電しているのだろうか!?
                  だとしたら、まだ2歳の姪は、地震に次いで暗さ、寒さと、さぞ怖い思いをしているのではないか・・・!?。

                  停電は23時30分ごろ復旧しました。
                  その少し前くらいだったと思うのですが、ようやく、唯一、弟の携帯電話だけつながって、
                  「今、自宅に向かって歩いている」
                  との事でした。

                  弟の職場には、あの大きな揺れが起きてすぐ後に警察が来て、皆に非難するように指示。
                  弟たちは集団で、徒歩で非難したそうです。
                  その後弟は、コンビニでペットボトル(水)とパンと携帯電話の充電器を買って、電車の動いていない区間を、歩いて帰宅する事にしたのでした。そして、足にまめを作りながら数時間後、無事我が家に辿り着いたそうです。

                  翌日、電話は繋がりにくかったものの、何度かの試みの後、親戚たちと連絡が取れました。
                  弟同様、帰宅困難になった人もいましたが、やはり数時間の徒歩で、なんとか無事に、家に辿り着いたとのこと。
                  私の携帯電話は、古いからなのか何なのかよくわかりませんが、14日まで、ほとんど『圏外』の状態でした。

                  15日から東京電力による『計画停電』が始まりました。
                  私が住んでいるところも対象地域です。
                  朝や夜が、まだ寒い日があり、そんな日に朝や夜の時間帯の停電の順番がくると、最初の地震の日のように、いろいろ着こんで、夜ならロウソクを明りにして、ラジオを聴いて過ごすのですが、こんなことは、被災して避難生活をされている方々にくらべれば、どうということはありません。寒ければ、タンスから着るものを出す事ができるのですから。

                  11日から今までの間、毎日のように地震がありました。
                  19日〜21日(今日)は、会社が休みのところが多くて電力の需要が減るからか、計画停電は実施されずに済みました。
                  でも明日から再び計画停電が行われる事になっています。

                  私は被災地の非難生活をされている方々に、「がんばれ」とは言えません。
                  だって、そんな事言うまでもなく、これ以上ないほどに、最大に、がんばっていらっしゃるのですから。
                  がんばらなければならないのは、無事でいる私達のほうではないだろうか・・・?
                  そう思うのです。
                  計画停電の夜のひとコマ
                  ↑携帯電話で撮った、計画停電の夜の様子。
                  光ってるのがロウソクです。
                  11日の大地震の日の夜も、こんな感じでした。
                  2010.05.21 Friday

                  好きこそものの上手なれ(?)2010

                  0
                    NHKラジオ講座テキスト昨年の4月、好きこそものの上手なれ(?)という記事で、NHKラジオの英語講座を聴き始めた話をしましたが、今も引き続き、同じ講座を聴いています。
                    ・・・ただ、昨年度は、講座の内容が、発音練習だろうがリスニングだろうが書き取りだろうが、ほぼ全て(ほぼ毎日。・・・毎日放送がある講座なので。)聴いていたのですが、今年は・・・あまり好きじゃないリスニングの曜日だけ(金・土)サボってます。。。。。。
                    だって、ただ聴いてるだけって、つまんないんだもん。

                    「リスニングだって大事だよ。つまんないからってサボったら、勉強にならないよ。」

                    ・・・と、どなたかにツッコミを入れられそうですが、そうなる前に反論・・・というか言い訳。(←なんだ、ソレ)

                    前述の昨年の記事の中でもお話ししたかと思いますが、私にとって英語は、単なる趣味のひとつで、勉強ではないんです。
                    極端な(?)言い方をしちゃえば、英単語の発音がわかればいいんです。英語の歌を・・・たとえばDEEP PURPLEの歌を、ヴォーカルのイアン・ギランの発音と、できるだけ同じ発音で歌いたいだけだから・・・。ついでに歌詞の和訳もわかれば、歌うのが、より楽しいかな?・・・っていうくらいの気持ち。
                    日本語のように英語をしゃべったり、英文を読み書きできるようになって、世界をまたにかけて活動したいとか、そういった願望もありません。

                    しかし、週2日だけ(?)とはいえ、サボリ始めると、ほかの曜日も、なんとなく、イマイチやる気がおきないというか、テンション低いというかで。。。
                    でも、サボってはいませんよ。・・・サボってはいないけど、ど〜せ趣味なんだから、そんなにがんばんなくてもいいかな・・・なんて思っちゃったりして。

                    そんな今日この頃、すごく久しぶりにEUROXのヴォーカル・MNEMOさんのブログを拝見しましたら・・・MNEMOさんは昨年、しばらくブログをお休みすると宣言されてたので、そろそろ再開したかな?と思ってアクセスしてみましたら、・・・もう、とっくに再開していたんですが、それが・・・・・・・・・・

                    全文、英語ですがなっ!!!!!!

                    うへあっ!!!なっ・・・なんでっ!???

                    ・・・お休みする前も、記事のところどころが英文だったり、全部が英文の日がありましたけど、再開後は基本、英文。俳句のところだけ日本語登場。みたいなかんじで。。。。。。
                    MNEMOさん、ご自身のブログの中でいわく、

                    「なんで英語で書いてるの?」と聞かれますが、まあ、それには理由がありまして。

                    との事で、・・・↑もちろん英語で書かれてたので、私が訳を間違えてなければ、そうゆう事で、・・・私の現在の英語力では、文法はなんとか大丈夫(?)としても、単語があまり覚えてなくて、わかんないので、文章の半分くらいしか意味わかんない〜〜〜〜〜っ!?!?!(苦笑)

                    こっ・・・これは、サボりがちになりかけている私に、
                    英語を勉強しろ。という事なんでしょうか!??
                    (↑昨年に引き続き、モウソウ。)
                    2010.03.19 Friday

                    負けん気の弱気

                    0
                      To tell the truth
                      I am never that strong
                      I'm not what I appear to be
                      Don't get me wrong
                      Never that strong

                      • 本当はね
                        僕はそんなに強くない
                        見た目通りじゃないだ
                        誤解しないで
                        本当にそんなに強くなんかないんだ

                      EUROX「星の1秒」より(意訳:はせがわ絵馬)


                      私を「強い」人間だと言ってるのは、どこの誰だ!?

                      …いや、知ってるけど(苦笑)。
                      私をそういう人間だと位置づけて、一方の自分は「か弱い」人間だということにしようとした人と、その人の言う事を鵜呑みにして、私を「強い」人間だと勝手に決めつけた人・・・。
                      私の何を見て、私の事をどれだけ知っていて、そんなふうに言うのか…?
                      その人(達?)は、私の事を「完璧主義」の人間だとも言ったけど、私の座右の銘のひとつは、

                      Nobody's perfect(完璧な者などいない)

                      だっつーの!!
                      (…実は、この「Nobody's Perfect」というのは、私の好きなバンド・DEEP PURPLEのアルバムのタイトルのひとつでもあります。)

                      ・・・ここ数カ月、心身ともに、だいぶ参っている感じです。。。
                      私は、自分は負けず嫌いの性格だと自覚しておりますが、それでも、・・・たとえ不屈の精神を持っているとしても、鉄の意志を持っていたとしても、時には、がっくりと崩れることはあると思うのです。

                      以前、新聞の人生相談の回答(?)欄に、

                      苦難を背負いこむ人には、その重荷に耐えられるエネルギーがあるのです。

                      というような励ましの言葉(?)が載っていましたが、・・・
                      いくら重荷を背負える力を持っていても、その荷物がものすごく重かったら、さすがにずっと背負い続けることに疲れて、ひざをつき、その場に倒れ伏すことだってあるのではないでしょうか?

                      自分の何倍も苦労している人は、世の中には山のようにいる。

                      ・・・と、頭ではわかっていても、マンガ「のだめカンタービレ」の最初の頃の千秋のように、真面目に一生懸命がんばっているつもりなのに、その努力が報われないことに失望し、悲しくて、部屋で独りで泣いたりしています。。。

                      あと3年ほどたてば、「不惑」と言われる年齢になるというのに、なに泣いてんだよ!
                      みっともないから、やめろ!!


                      と、心の中で怒り叫ぶ自分がいますが、・・・情けないかな、今回の落ち込んでる気分から抜け出すのには、まだもう少し、時間がかかりそうな気がします。
                      ・・・3年後、「不惑」になんて・・・迷わずに生きる事なんて、できそうもないなぁ、私(苦笑)。

                      あ、ちなみに、上記の、個人的な苦悩(?)は、絵に行き詰っているのではなくて、現在の生活状況と言いますか、そういった事です。
                      絵のほうは、描きたいものがいろいろあるのですが、その生活状況の混乱(?)のせいで、なかなかはかどらなくて、・・・ついでに、このブログやHPの更新もペースダウンしてしまいまして。。。。。。

                      更新を楽しみにしてくださっている方なんているのかなぁ?
                      もし、いらっしゃったのなら、更新の間がのびのびで長くなってしまって申し訳ないです。。。
                      SNOW
                      WEBサイト『絵馬堂』
                      ※新規ウィンドウで表示
                      カレンダー
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      最近の記事
                      カテゴリー
                      過去の記事
                      最近のコメント
                      最近のトラックバック
                      リンク
                      プロフィール
                      ブログ内検索
                      管理人より
                      ご訪問ありがとうございます。
                      当ブログを快適にご覧いただくために、迷惑系と思われる書き込み等、閲覧者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは、予告なく削除いたします。
                      ご理解、ご了承下さいますよう、お願い申し上げます。
                      <(_ _)>
                      クリエイターさんのブログ
                      カケルノート
                      その他
                      モバイル
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM